よくある質問

一般歯科

予防歯科

小児歯科

審美歯科

ホワイニング

歯科口腔外科

インプラント

矯正歯科

入れ歯

QRコードで簡単アクセス

患者の気持ち

痛みに弱くて治療受けるのが怖いのですが…

当院では、疾患や症状により治療法を分類し適切な処置を行う方針です。

歯周病治療では内服薬やうがい薬での治療で十分な場合もございます。
機器を用いての治療であっても、表面麻酔や侵襲が低い(体に負担が少ない)方法で行っております。

ですが、痛みや不快感などの感じ方は患者様お1人お1人違いますので、先ずはカウンセリングにより、患者様ときちんと治療計画を立て、患者様に合った治療を行うといった事を心がけております。

ご相談から、お気軽にお申し付け下さい。

歯周病の症状について教えてください。

歯周病かどうかのチェックポイントは次の通りです。
1つでも当てはまる場合、歯周病の可能性があります。

・起床時、口の中がネバネバする。
・歯磨きの時、出血する。
・口臭がある。
・噛んでて歯が浮く感じがする。
・歯が動いてくる。
・歯が長くなる。(歯ぐきが下がる。)
・歯肉が赤くテカテカしている。 など

このような症状がありましたら、まずはお気軽に当院にご相談下さい。
80歳になっても20本以上の歯を残せるようにしましょう。

Wレーザー治療はどのような効果がありますか?

レーザー治療は以下の症状・疾患に効果があります。

・歯周病による痛みや腫れ
・顎関節症による痛み
・知覚過敏症
・虫歯の治療
・虫歯の予防(歯の表面を強化)
・口内炎や入れ歯の接触痛
・抜歯後などの止血
・歯肉のメラニン色素による黒ずみを除去 など

※症例によってはレーザー治療が適さない場合もございます。


乳歯はいずれ永久歯になるので、虫歯になっても大丈夫ですか?

いいえ、乳歯の内の虫歯を放置しておくと次のようなデメリットがあります。

・乳歯の虫歯を放置しておくと、お口の中の虫歯菌が増殖しているので永久歯も虫歯になりやすい。
・虫歯でしっかり噛めないとその後のアゴの発達に悪影響が出やすい。
・乳歯の根の奥に永久歯があるのですが、乳歯の虫歯を放置しておくと永久歯のエナメル質ができにくいなどの悪影響が出る。
・乳歯は永久歯が生えてくるスペースを確保するという役割もありますが、虫歯で歯がなくなったり、欠けたりすると永久歯の生えてくる十分なスペースが確保できなくなり、歯並びが悪くなる。 など

以上のことから乳歯の内からしっかりしたケアが必要となります。


PMTCとは何ですか?

PMTCとはプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニングといい、歯周病治療のための歯石除去などとは別の歯科衛生士によるプロのクリーニングです。
治療した歯の虫歯などの再発を防いだり、悪くなる前の予防に効果的です。


PMTCとは、歯ブラシや歯石除去(スケーリング)だけでは除去できない汚れ、細菌のバリアー(バイオフィルム)を専門の機械・研磨剤を使用して取り除くプロの歯面清掃法です。

同時にタバコや茶渋などの汚れを取り、歯をピカピカに磨き上げます。
使用するフッ素入りのクリーニングペーストはお口をスッキリさせるだけでなく、歯質を強化し、細菌の付着を防げるために虫歯と歯周病を防ぐ効果もあります。
PMTCは痛くはなく、むしろ気持ちのいいものです。
最近の研究では、自宅での歯磨きとPMTCを併用することで、より高い予防効果が確認されています。

審美歯科とは何ですか?

最近、審美歯科という言葉をよく聞くようになってまいりました。
今までの歯科医院の仕事のメインは虫歯や歯周病を治療したり、予防したりといった機能回復治療が大部分でした。

しかしながら医科のいわゆる美容外科と同じように、歯科の分野でも歯の色を希望通りにしたい、歯を希望通りの形にしたい、歯肉と歯の境目のアーチをもっとキレイにしたいなどのご要望にお応えする審美歯科という治療法が今注目を集めております。

審美歯科とは何ですか?

最近、審美歯科という言葉をよく聞くようになってまいりました。
今までの歯科医院の仕事のメインは虫歯や歯周病を治療したり、予防したりといった機能回復治療が大部分でした。

しかしながら医科のいわゆる美容外科と同じように、歯科の分野でも歯の色を希望通りにしたい、歯を希望通りの形にしたい、歯肉と歯の境目のアーチをもっとキレイにしたいなどのご要望にお応えする審美歯科という治療法が今注目を集めております。

ホワイトニングのメリット・デメリットを教えてください。

ホワイトニングのメリットとしては、まず健康な歯を削る必要が無いということです。
またご自身で使用する薬剤や回数を調節することができます。
セラミック等を使用する審美歯科治療に比べ、治療費もお安いことも挙げられます。


ホワイトニングのデメリットとしては、完全に元の色に戻ってしまうわけではないのですが、ワインやコーヒーなどを頻繁に摂取することによって、後戻りをするということです。
また元々歯の色が明るい方は結果があらわれにくいことがあります。


ただ髪の毛を好きな色に染めても、時間が経つと元の色に戻ってしまうように、ホワイトニングも歯の色が気になりだしたら、再度受診することによって、白さを持続する事が出来ます。

***

患者様のお口の状態によりますが、歯と顎の大きさが著しくアンバランスな場合は抜歯が必要になることもあります。
しかしそういう場合でも、歯並びを広げれば抜歯せずに治療可能になるケースもあります。抜歯が必要かどうかは専門医とよく話し合う事をお勧めします。
当院では、矯正治療専門医による治療も行っております。お気軽にご相談下さい。

***

入れ歯を長時間使用していると、歯茎に負担がかかります。このため痛くなることがあります。
そのような場合、入れ歯に接触している粘膜が炎症を起こしていることが多いのです。
珍しいことではなく、入れ歯を長い間使用すると歯ぐきが痩せてくるために起こる現象です。
放置せずに早めに信頼できる歯科医院で定期検診を受けてください。